その日その日のニュースを個人用にまとめておく記事。久しぶりの日を跨いでの更新。

 

  • ゲームセンターに4Dシアター、円筒形の360度スクリーンで全17作品を上映 | インサイド

  • G-Star 2016で韓国メディアに尋ねた“最近の韓国のゲーム事情”。いまだ根強く残る「ゲームなんてやってないで勉強しなさい!」のお叱り - 4Gamer.net

  • 声優・水瀬いのりに殺害予告 イベント複数中止に | ORICON STYLE

 

 

www.inside-games.jp

タイトーが千葉県柏市にある「タイトーステーション セブンパークアリオ柏店」にて新たな4Dシアターを開設した。その名は「4D王」、座席が円筒形のスクリーンで囲まれているシアターである。

視界一杯に収まらない迫力のある映像を楽しめるほか、ヘッドマウントディスプレイを使用しない形式なので子供でも楽しめる。

「4D王」は2016年12月2日に上映開始。現時点では約17作品が楽しめる見込みとなっている。普通の劇場では味わえない360度に渡って広がる映像を堪能してみてはいかがだろうか。

 

www.4gamer.net

2016年11月17日から20日にかけて開催された韓国最大のゲームショウ「G-Star 2016」。今年も韓国のゲーム市場を中心に日本企業が多数参加していた模様だが、その際に行われた韓国のゲームサイト「INVEN」の記者との対談記事が掲載されている。

インタビュー形式の中では日本のアニメ調で描かれるPCゲーム『Peria Chronicles』などの注目ソフトから韓国のゲーム市場に関わる話まで、他国のゲーム市場を知るうえで役立つ話が伺うことができる。

韓国でもPCゲームが盛んなことを除けば、日本と似合ったところも存在するようだ。日本のゲーム市場と見比べてみると面白いだろう。

 

www.oricon.co.jp

声優の水瀬いのりさんに対して、インターネット上で殺害予告があったことから出演予定だったイベントの中止を発表した。

中止になったイベントは主に3rdシングルとなる「Starry Wish」の発売記念イベントの他、台湾で2016年12月3日に行われる「リスアニ!LIVE TAIWAN Supported by 戰鬥女子學園」などが該当する。

水瀬いのりさんは『ご注文はうさぎですか?』のチノ役を契機に、『戦姫絶唱シンフォギアGX』キャロル・マールス・ディーンハイム役や『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヘスティア役の他にも、現在では『ViVid Strike!』のフーカ・レヴェントン役といった声優業。それに加えてアーティストや現在「Nizista」のカバーガールなどを務めており、多方面で活躍している声優である。

殺害予告を受けて本人や参加者の安全を考慮して今回の出演中止に踏み切ったとのこと。今回の騒動が落ち着いたら、再び彼女の笑顔を見せてほしいものである。

 

 

本日はここまで。